アツくやさしく 大平よしのぶ

yoshinobuu.exblog.jp
ブログトップ

「第二のふるさと」で政治への怒りや要望が次々と

選挙戦は終盤に突入。

今日は終日、「第二のふるさと」(母親の実家がありまして)、鳥取で行動。
最西端の米子市から、境港市、倉吉市をかけぬけ、日がくれた頃に最後の鳥取市で街頭演説をしました。
c0349386_20450434.jpg


街頭演説は、街中や駅前、大学前などでおこないとともに、街頭演説だけでなく、農家の方との懇談や、女性団体のみなさん、医療関係者のみなさんのつどいにもおじゃまし、あいさつをさせていただくなど、さまざまな世代、分野の方とお話ができて、とても充実していました。
c0349386_20455744.jpg


「農家は死にものぐるいでがんばっている。しかし、米価はどうにしても政治の責任で守ってもらわんと困る!」
c0349386_20462017.jpg


「患者さんが『医療費の自己負担がこれ以上増えればもうこれなくなる』といってる。高齢者の問題は自分たちも通る道なので、ぜひしっかりとりくんでほしい」
「年金が削られていることへの怒りがものすごい。もっと言ってほしい!」

など、今の政治への怒りや要望がたくさん寄せられました。

なんとしてもこの声を国会に届けなければと、またひとつ、決意を新たにする一日となりました。

また、鳥取駅前の演説に、鳥取市に住んでいる87歳になる私のおばあさんが、わざわざかけつけてくれました。
c0349386_20472785.jpg

小学生の頃、夏休みになれば必ず家に遊びにいき、一日中近くの海で泳いでいた、その思い出がよみがえりました。
元気そうでなによりでした。
なんとしても当選して、じいさん・ばあさん孝行もせねばと、これまた決意を新たに。

これで、中国5県を一巡。
明日は志位委員長と岡山、広島で演説会です。
これから演説原稿を考えます。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-12-10 20:42 | とりくみ

日本共産党の衆議院議員(2014年総選挙にて初当選【比例中国】)、大平よしのぶです。広島生まれの広島育ち、平和と子どもをこよなく愛する、子育て真っ最中の36歳。よろしくお願いします。


by tekuteku_a_diary