アツくやさしく 大平よしのぶ

yoshinobuu.exblog.jp
ブログトップ

2014年 12月 16日 ( 1 )

当選のご報告と決意表明

遅くなりましたが、一昨日投開票された衆議院選挙、定数11をあらそう比例代表中国ブロックのたたかいで、日本共産党は285,224票(得票率9.2%)を獲得し、第8位で1議席を獲得することができました。
その結果、名簿順位1位の私、大平よしのぶが初当選となりました。
2003年に議席を失って以来11年ぶりの議席の奪還です。


c0349386_23044999.jpg












(当選が決まり、支援者の皆さんと「バンザーイ!」)

全国的にも改選8議席から21議席へと2.6倍化の躍進となり、単独で法案提出(予算を伴わない)ができる議案提案権も獲得することができました。

ご支持してくださった有権者のみなさん、そして、ともに燃えに燃えてたたかってくださった党員、後援会員のみなさんに、あらためて心からお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。


「原発再稼働だけは何があってもやってはならない。とにかくこれだけは言ってくれ」(島根)
「米価暴落がとまらない。市場にまかせっきりの自民党農政では農家がなんぼがんばっても報われん。あんたはなんとかしてくれるんか」(鳥取)
「年金の通知が届くたびに額が減らされているのを見て、もう開けるのがイヤになる。その上、増税なんてとんでもない」(岡山)
「岩国米軍基地への艦載機移駐ストップのために、ぜひとも力をかしてください」(山口)
「安倍さんを見ていると戦前の日本に戻るよう。被爆者の願いは日本を戦争しない国にすること。変えられるのは共産党しかない」(広島)

選挙戦をたたかうなかで、中国5県の各地から切実な願い、悲痛な叫びが次々と寄せられました。
その思いはすべて、国民の声を聞こうとしない安倍暴走政治への強い怒りとともにあり、またその一番の対決者として共産党への期待とともにありました。

それは、選挙が終わったこの2日間でも、さらに寄せられています。
昨日は広島から山口、岡山へ、今日は島根、鳥取に行き、支援者へのお礼と街頭での結果報告と決意表明をおこないました。

c0349386_23070349.jpg













(広島市中区八丁堀交差点にて)

c0349386_23152328.jpg













(山口市にて)
c0349386_23171066.jpg













(岡山市にて)

c0349386_23083808.jpg










(島根県松江駅前にて)

c0349386_23175655.jpg













(鳥取駅前にて)

どこへいっても、熱い激励と大きな期待、さっそくの要望が次々と寄せられます。

みんなの力で勝ちとったこの宝の議席を輝かせられるように、一日も早くみなさんのお役にたてられるように、なんといってもしっかり勉強をし、そして、みなさんの話をとにかくよく聞いて、力をつけなければならないと決意しています。

さっそく24日には特別国会が召集され、同日、広島の仲間のみなさんと仁比そうへい参院議員とともに、8月に広島で起きた土砂災害の被災者支援についての政府交渉をおこなう予定です。

「平和を愛するヒロシマの心」と安倍暴走政治に苦しむ中国5県みんなの心を国会に届けるために、元気いっぱい全力でがんばってまいります。
どうか、引き続くご支援とご指導をいただけますよう、心よりお願い申しあげます。

c0349386_23101511.jpg


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-12-16 23:11 | あいさつ

日本共産党の衆議院議員(2014年総選挙にて初当選【比例中国】)、大平よしのぶです。広島生まれの広島育ち、平和と子どもをこよなく愛する、子育て真っ最中の36歳。よろしくお願いします。


by tekuteku_a_diary