アツくやさしく 大平よしのぶ

yoshinobuu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:とりくみ( 95 )

沖縄調査最終日。

まずは読谷村のチビチリガマへ。

c0349386_20432029.jpg

1945年、地上戦の最中、幼い子どもたち含む83人がここで「集団自決」をし、尊い命を失ったと聞き、言葉を失いました。

「『自決』というが、自ら死を決意をしたわけではなく、強制された死であった」と語るのは、ガイド役の会沢芽美さん。

c0349386_20435286.jpg


また一つ、沖縄で起きた悲劇の歴史を胸に刻みました。


その後は嘉手納基地、そして、普天間基地へ。
嘉手納基地をかかえる嘉手納町は、町の面積のなんと83%が米軍の敷地なんだそうです。

c0349386_20450332.jpg


約100機の戦闘機が我が物顔で日常的に訓練をし、部品落下などの事故は、ほぼ毎月おこっているそうです。

そして、嘉手納から約5キロ南下するともう普天間基地です。

c0349386_20471334.jpg


あらためて、こんな小さな島に、こんなに米軍基地がひしめきあっている現状に、憤りを感じずにはおれません。

最後は、那覇市長を務め、日本共産党の衆議院議員などを務められた、瀬長亀次郎さんの生涯がまとめられている「不屈館」へ。
c0349386_20482992.jpg


文字通り「不屈」に、沖縄の平和と民主主義を取り返すたたかいに、生涯かけてとりくまれたことがよくわかりました。

瀬長さんが残した「弾圧は抵抗を呼ぶ、抵抗は友を呼ぶ」との言葉に感動し、心が揺さぶられました。

c0349386_20491893.jpg

この3日間で、沖縄県がたどってきた涙の歴史の一端を知りました。
いまなお続く、米軍基地があることによるたくさんの苦しみの一端を体感しました。
それでも、勝つまでたたかいをやめることはないと、あきらめずにがんばりぬくたくさんの沖縄県民のみなさんとお会いしました。
そして、きれいで豊かな自然、おいしいもの・おもしろいものなどたくさんの沖縄県独特の文化にもふれました。

本当に充実した3日間でした。
国会では、いよいよ「戦争する国づくり」へと暴走する安倍政権との正面対決が、正念場に突入します。
沖縄で見たもの・聞いたことを力に、全力でがんばります。


c0349386_20494815.jpg

[PR]
by tekuteku_a_diary | 2015-05-10 20:41 | とりくみ

沖縄調査2日目は、那覇市のホテルを出発し、名護市辺野古にむかいました。


まずは、海上からの調査から。

日本政府が何の根拠もなく勝手に決めている、常時立ち入り禁止区域近くにいくと、4~5隻の海上保安庁の巡視船が私たちの船のまわりにつけ、威圧的な監視をおこないます。


c0349386_18500024.jpg














c0349386_18490071.jpg










「国会議員がおこなう調査を妨害するな」と毅然と抗議もしつつ、区域を区切る目印にしているフロートにつけた45トンもある重りが、サンゴを破壊している現場などの視察をおこないました。


その後、新基地建設に反対する座り込みをおこなっているテントを伺い、一緒に座り込むとともに、一言ごあいさつもさせていただきました。
稲嶺ススム名護市長も来られ、連帯の固い握手もおこないました。

c0349386_18501418.jpg

















c0349386_18495004.jpg











そして、さらに北上し、今度は東村の高江地区へ。
この地域に住民合意もない、自然を壊し騒音被害をまきちらす、オスプレイのヘリパッド建設がねらわれており、それに反対して座り込みを続ける現地に行き、伊佐真次日本共産党東村議員からお話を伺いました。


c0349386_18561253.jpg











それにしても、沖縄はどこへいっても、きれいで透き通る海、青くて広い空、生い茂る森や山の木々など、豊かな自然に囲まれており、本当に美しく心がいやされます。

c0349386_18562616.jpg










こんな美しい地域に、空を見れば米軍機が爆音を響かせながら飛行し、海を見れば埋め立てて基地をつくろうとし、森に行けば木々を削ってヘリの離発着場をつくろうとする。
自然を破壊し、市民の平穏な暮らしを破壊してすすめられる、米軍基地の拡大強化は絶対に許すわけにはいきません。


昨日、ある沖縄の方から次のようなお話を聞きました。
「8歳のとき、同級生の女子が米兵に犯された上に殺された。私たちはそうした涙を一度ではなく何度も流してきた。そこに自民党も共産党もない」。


いま広がっている「オール沖縄」の背景にある、沖縄の痛苦の歴史を、一つひとつ胸に刻んでいます。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2015-05-09 18:57 | とりくみ

沖縄県にきました。
10日までの3日間の日程です。

初日の今日は、畑野きみえ衆院議員とともに一足早く沖縄入りし、文部科学委員として、「世界一危険な基地」と言われる宜野湾市の米軍普天間基地に隣接する普天間第二小学校を訪れました。

c0349386_01123162.jpg













学校に到着したのはちょうど昼休みで、たくさんの児童が元気に校庭で走りまわっていました。
すると、それを見計らったかように、大きな音を立てて、オスプレイが校庭のすぐ上を飛行。
びっくりしつつ、すぐにスマホで撮影をしましたが間に合わず、でした。


c0349386_01130008.jpg










さっそく沖縄の現実をつきつけられ、憤りを感じました。

その後、お忙しい中、校長先生が時間をとってくださり、お話を聞かせていただきました。


「入学式や卒業式などの行事日程を市教委を通じて米軍側に伝えており、その日は訓練しないでくれと言っているが、まったくおかまいなしで無視され、騒音が鳴り響いている」
「体育の授業中に訓練が重なると、もう中断をせざるを得ない」
「訓練が激しいときは、タッチ&ゴー(着陸してすぐに飛び立つ訓練)を10分に1回のペースでやったり、ホバリング(空中停止訓練)を1~2時間ずっとやったりして、その騒音はすさまじい」
「訓練の実施計画はまったく知らされない。いつくるかまったくわからない」
「毎年おこなう避難訓練は、『米軍機がグランドに墜落した』という想定でやっている」


c0349386_01133676.jpg











まさに衝撃の連続でした。
戦後から70年が経過をするこの日本で日本の子どもたちが、アメリカ軍の戦闘訓練のためにその命と健康、安心と安全が奪われる。
こんな現状が決して許されていいはずがありません。


それでも懸命に子どもたちを守ろうと、校長先生をはじめとした学校の先生方のご努力に、本当に頭が下がる思いでした。
そして、私たちに笑顔で元気いっぱい「こんにちは!」とあいさつをしてくれる子どもたちに、あらためて希望も感じました。


だからこそ、政治の力でこんな「アメリカいいなり」の現状は、なんとしても変えなければならない。
その思いを強くする初日でした。


その後、2004年に米軍機が墜落した沖縄国際大学に伺い、事故現場を見学し、大学の事務局の方からお話を聞きました。
夜は、日本共産党沖縄県議団のみなさんと夕食交流会。


明日は、名護市辺野古、東村高江に行きます。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2015-05-09 01:14 | とりくみ
昨日5月1日は、広島県中央メーデーに参加しました。
毎年かかさず参加してきましたが、議員になってからはもちろんはじめてです。

c0349386_07235884.jpg


地方選挙で大奮闘されたみなさんと勝利の喜びをわかちあい、総選挙後はじめてお会いできた方にはあらためてお礼から、さらに、懐かしい再会の方もたくさんおられ、近況や変化をお聞きするなど、一人ひとりとの交流に大いに花が咲き、たくさんの声もかけていただいて、うれしかったですし、たくさんの元気をいただきました。
ありがとうございます。

c0349386_07242754.jpg



そして何より、憲法破壊、暮らし破壊の暴走は許さないと、各層・各分野の方たちからの実態の告発や怒りのうったえに、私もともに拳をふりあげ連帯をし、今後のたたかいにむけた決意をかためあいました。

c0349386_07253528.jpg


連休明けからの正念場の国会にたちむかっていく、その力もしっかりいただけました。


それにしても、すばらしくいい天気でした。
こんな日に黒のスーツ上下はないですね…。
こうしたこと含めて、やっぱり一つひとつ勉強です。
c0349386_07261458.jpg



[PR]
by tekuteku_a_diary | 2015-05-02 07:22 | とりくみ

地元広島で東奔西走

今日は、広島で終日の行動でした。

午前中は、いま広島市で大問題になっている、高速5号線二葉山トンネル建設事業の現地調査をおこない、反対する住民の方、立ち退きの対象となっている方などのお話を伺いました。

c0349386_00104404.jpg

広島駅から広島空港までわずか3分の短縮のために、市民の税金1000億円以上かけておこなおうとしているこの事業。
大型開発の無駄遣いであるだけでなく、トンネル工事をおこなおうとしているこの地域は、もともと山を削り、盛土をした上に住宅を建てており、やわらかい地質であることから、地盤沈下する危険性が指摘をされています。

c0349386_00110911.jpg
今日うかがった東区の牛田東1丁目では、まだ工事がおこなわれていないにもかかわらず、壁や道路に大きなひび割れがおきている箇所もみつけました。

c0349386_00105016.jpg

「百害あって一利なしの事業。絶対に認めるわけにはいかない」と話す地域住民の方たちの怒りにふれ、その思いを共有しながら、自分のできることを考えたいと思います。


午後は、この間の選挙でもお世話になった方たちとの対話・交流のとりくみに参加しました。
呉市と広島市南区へうかがい、南区では、「自分にできることをしたい」と新しく仲間になってくださる方も。
うれしくて、その方と帰り際にがっちりと握手をし、「ともにがんばりましょうね!」と声をかけさせていただきました。

c0349386_00112456.jpg
さらに夜は、青年たちとの交流も。
この間のそれぞれのがんばりをとっくりと聞き、その活躍を心からねぎらいました。

そして、先ほど帰宅。
今日もたいへん充実した一日でした。
明日もがんばります。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2015-05-01 00:14 | とりくみ

米軍岩国基地の調査へ

今日は山口県岩国市へ。
「極東最大級の出撃基地」へと拡大・強化がねらわれている、米軍岩国基地の実態調査のためです。

午前中は、地元の方の案内で基地周辺に行き、基地の概要と今後の拡張計画についてのレクをうけました。

c0349386_19005206.jpg
















途中、プラウラー電子戦機という戦闘機が飛び立つ場面に遭遇。

フェイスブックにその動画をはりつけたので、ぜひご覧ください。

https://www.facebook.com/ohirayoshinobu


すさまじい爆音と衝撃波に胸がしめつけられ、大人の私でも恐怖感に襲われました。
この苦しみを住民のみなさんは毎日背負わされているのかと思うと、本当に怒りで体が震えました。

午後は、地域住民や市民団体のみなさんとの懇談。


c0349386_19005895.jpg














「夜間の訓練はやらないという約束なのに、夜11時を過ぎてもやっている」
「基地の交付金で子どもの医療費を小学校卒業まで引き上げたと市長は自慢をしているが、それ自体も許せないし、すでにそれも全国からみれば遅れている」
「愛宕山は当初、市民のための住宅団地をつくる予定だったのに、いつのまにか米軍住宅建設にかわってしまった」


たくさんの怒りと悲しみの声を聞きました。


岩国基地は、沖縄から空中給油機が移駐されたのに続き、2017年に神奈川県の厚木基地から空母艦載機が移駐されることがねらわれています。

そんなことになったら、今日私がお聞きし、体験したその何倍もの苦しみが市民のみなさんを襲うことになる。
こんな不合理は絶対に許すわけにはいきません。


みなさんの力になれるよう、自分に何ができるか、今日お聞きした話をもとに、よく考え、行動したいと思います。


終日、ご案内してくださった松田さんをはじめ、関係者のみなさんには心からの感謝をいたします。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2015-04-29 19:01 | とりくみ

引き続く勉強の日々

いっせい地方選挙が終わり、躍進の喜びをかみしめながら、昨日~今日にかけて会議の連続で、たくさんの宿題をいただきました。

連休前のもろもろの仕事、連休明け直後からの文部科学委員会、憲法審査会の質問戦にむけた準備です。

秘書や裏方のみなさんに、関連する論文や過去の議事録など、たくさんの資料を用意していただき、それをカバンにつめこんで、先ほど新幹線にとびのりました。

あらためて、みなさんに支えていただいていることに感謝しつつ、ご期待にこたえられるよう、引き続き、勉強の日々(知らないことの多い私は人一倍がんばらねば)です。

明日は、米軍基地調査と住民・市民団体のみなさんとの懇談のため、山口県岩国市に行きます。

c0349386_19151132.jpg



[PR]
by tekuteku_a_diary | 2015-04-28 19:14 | とりくみ

明日は、3月27日以来の文部科学委員会での質問です。
「オリンピック・アジェンダ2020」の内容――運営経費の削減、持続可能性の導入など――を東京大会の開催計画にも取り入れるよう求めます。
10:30から15分間の予定です。
インターネット中継でご覧ください。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

5月連休明けにも提出が予定されている「戦争立法」をなんとしてもくいとめようと、全国各地で市民の声があがっています。
連日のように私の部屋にも市民のみなさんが訪れられ、「『戦争する国づくり』を断固阻止せよ!」と要請にこられます。
昨日は、国際婦人年連絡会のみなさんが来られ、今日は、千葉県の「活かせ9条松戸ネット」のみなさんが来られました。
連帯のエール交換をし、激励をいただきました。

c0349386_19405291.jpg











c0349386_19405909.jpg













また今日は、広島市で大きな問題になっている、かき船「かなわ」が原爆ドーム近くへと移設するための工事許可がおりたという問題(同ブログ2月16日付参照)で、文化庁と国土交通省の担当者に経過の説明と見解を求めました。

説明を聞いてあらためて痛感したのは、広島市が述べている「市民への理解を深めるための手続を十分に尽くしている」という点が、もっとも実態や市民の気持ちとかけ離れているということでした。

原爆ドームの世界遺産取り消しにつながりかねない、市民の声を無視した、こんな無謀な計画はなんとしてもやめさせなければ。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2015-04-23 19:46 | とりくみ

今週もはりきって上京しました。
週末の文部科学委員会での質問に向け、勉強と準備の毎日です。

昨日は、東京に上がる前に、岡山県の玉野市へ市議選の応援にいきました。
ここも定数削減のなかで、実績抜群大ベテランの松田たつおさんと、行動力と正義感あふれる2期目に挑戦の西渕だいすけさんの2議席をなんとしても守りぬこうとうったえました。

c0349386_19544004.jpg













朝一番の街頭演説であったにもかかわらず、支援者のみなさんがたくさん集まられ、私のほうが元気をいただきました。

今日は、議員会館前でおこなわれた「戦争する国、絶対反対!緊急国会前行動」に参加。
本日おこなわれた自民・公明の与党協議に断固抗議をするんだと朝一番に集まられました。
私も連帯の気持ちをこめてあいさつをしました。

c0349386_19544799.jpg














c0349386_19545351.jpg














それから、今日は町村議選の告示日です。
さきほど、先週うかがった、鳥取県の日南町と日吉津村が無投票となり、現職の3人が当選されたとの知らせが届きました!
候補者のみなさんのアツい決意も聞いていたものですから、本当にうれしかったです。

残す日野町でも、佐々木もとむさんの再選をなんとしても!


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2015-04-21 19:59 | とりくみ

後半戦スタート!

後半戦告示の今日は、地元広島で、尾道市、呉市、東広島市をまわりました。

尾道市では、寺本しんいち、魚谷さとる、岡野ながとし3候補の応援演説に。

c0349386_21462569.jpg











c0349386_21461238.jpg











c0349386_21464032.jpg











定数が3削減されるなかの大激戦。
これまでのわが党の3議席は、文字通り市民のくらし破壊の防波堤になってきました。
高すぎる国保料を1世帯1万円引き下げ、子どもの医療費無料化(通院)は中学三年まで引き上げます。なんとしても3議席確保を、と私も全力でうったえました。



呉市では、呉駅前で街頭演説。
強い雨の降るなかでしたが、多くの方に足をとめていただきました。
自衛隊基地の町、呉市では、戦争立法の問題がより切実に問われます。
「自衛隊を戦地に送るな!」「憲法を守れ!」の願いはこぞって、奥田かずお、久保あずまの2候補にお寄せください、とうったえました。

c0349386_21465561.jpg


















奥田、久保両候補のうったえも本当にすばらしかった。涙がでました。



そして、東広島市へ。
学生時代の4年間をすごした同市は、私にとって第二の地元。
お世話になった方たちがたくさんおり、3期目をめざす谷はるみさんもその一人。

c0349386_21470769.jpg
なんとしても、この宝の議席を守りぬかなければなりません。

候補者全員の当選めざして、引き続き、全力でがんばります!


明日は、岡山県玉野市で朝一番に街頭演説をやってから、上京します。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2015-04-19 21:50 | とりくみ

日本共産党の衆議院議員(2014年総選挙にて初当選【比例中国】)、大平よしのぶです。広島生まれの広島育ち、平和と子どもをこよなく愛する、子育て真っ最中の36歳。よろしくお願いします。


by tekuteku_a_diary