アツくやさしく 大平よしのぶ

yoshinobuu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

土砂災害から3カ月

今日は終日広島でした。

午前中は、藤本さとし広島2区予定候補と、広島市西区、佐伯区で宣伝。

各地であたたかい反応が寄せられます。

c0349386_21313240.jpg













西広島駅前では、タクシーの運転手さんがわざわざ降りてこられ、「今度は共産党。大躍進間違いなしじゃけ、がんばれよ!」と声をかけていただき、アルパーク前でも、買い物帰りの女性が「集団的自衛権は絶対ダメ、憲法を守ってほしい」と話されました。

午後は議員のみなさんの会議におじゃまし、あいさつ。

その後は、8月に土砂災害のあった安佐南区八木3丁目に、藤井とし子さん、清水てい子さんとともにうかがいました。

c0349386_21324688.jpg









今日で災害からちょうど3カ月。
甚大な被害を受けたこの地域は、3カ月たった今もその爪あとが生々しく残っていました。

c0349386_21321447.jpg












c0349386_21322672.jpg









(車です)

そこに住んでおられる2人の方からお話を聞かせていただきました。
「ドーンという音とともに1Fの壁に穴が。真っ暗でとっても怖かった」と涙ながらに話す女性。
「もう70(歳)もすぎて、よそには住めません」とのお話に、ただただ寄り添って聞きながら、
「お困りごとがありましたらいつでもご連絡を」と伝えることしかできませんでした…。

もう一人はこの間の訪問活動の中でお知り合いになった方。
「思い病気を患いながらの避難生活は本当にたいへん。行政の対応は冷たかったが、共産党の先生が要望を届けてくれてよかった」と話されました。

c0349386_21325301.jpg














一日も早く、皆さんがもとの生活と安心できる暮らしが取り戻せるよう、がんばらねばとあらためて決意しました。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-11-20 21:35 | 声、実態

安倍首相の解散表明から一夜。
今日も一日、街頭宣伝を中心に奔走しました。

朝一番、米子駅前で宣伝をおこないそのまま鳥取をあとにしたのち、午後からは広島市内4カ所で街頭演説をおこないました。
c0349386_22552291.jpg











(米子駅前にて)

若い仲間から「せっかくいろんな人の話を聞いてきたんだから、もっと聞いてきた人たちのリアルな声を紹介した方がいい」とのアドバイスをいただき、たしかにその通りだと思い、今日の演説では次のような声を紹介しました。

「安倍自民党政権は、この1年半のアベノミクスで、大金持ちや大企業はますますもうけをふやしたかもしれませんが、国民の暮らしがどれほどたいへんになっているのか、そのなかでも懸命にがんばろうとしている姿を本当にわかっているのでしょうか。先日も、ある二人の小さな子どもを育てるシングルマザーのお母さんから、なかなか安定した仕事が見つからず苦労をしながらも、少しでも安い食材を求めてお買いものをし、図書館で毎週たくさんの本を借りてきて子どもたちと一緒に読むのが楽しい時間なんだというお話をうかがいました。また多くの大学生が高すぎる学費を前に将来の夢をあきらめさせられています。『月に12万円の奨学金をかり、卒業後は750万円の返済が待っている』と話す大学生にも出会いました。いまこそ、政治の責任で賃上げ、雇用の拡大、社会保障の充実など、大企業をうるおすだけの経済政策から国民のくらしを応援する経済政策へと転換をはかろうではありませんか」

「いま集団的自衛権の行使容認に多くの国民のみなさんが反対の声をあげています。私は子育て真っ最中で、周りにはたくさんの子育て中のママやパパがいます。そんな皆さんから、『子どもが生まれてうれしいけど、本気で戦争にとられるんじゃないかと心配している』『日本の青年も血を流せ、なんて言われるのは絶対に許せない。たいへんな思いをして生んだわが子はなんとしても守る』など、たくさんの声を聞いてきました」

c0349386_22553353.jpg












(広島駅北口にて。大西オサム広島1区予定候補とともに)

あちこちで手を振ってくれるなど、かなり反応があるように感じます。
大いに共産党の元気な姿を有権者のみなさんに届けていきたいと思います。


それにしても、一気に寒くなってきました。
選挙本番は12月中旬ということで、さすがにスーツだけでは凍えますので、ダウンジャケットを買うことに。
ちなみに、僕のテーマカラーは「緑」です。

c0349386_22554116.jpg


































(似合うでしょうか…)


これで、明日からもますます元気いっぱいがんばれます!


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-11-19 22:59 | 声、実態

初の鳥取入り!

今日は長く、濃い一日でした。

その前に、今日、安倍首相が21日に解散することを表明しました。
国民の大きな怒りとたたかいに追いつめられた結果です。

安倍暴走政治をストップさせ、国民の声が届く政治に転換させていくチャンス到来です。
いよいよたたかい本番の幕開けです。
みなさん、ご一緒に平和で安心の日本をつくるために力をあわせようではありませんか。


今日は、朝から岡山で作戦会議をしたのち、お昼には岡山駅前にて、中国5県各県の責任者のみなさんとともに街頭演説をおこないました。

11年ぶりの中国ブロックでの議席奪還をはたすため、各県責任者のみなさんと全力をあげる決意を申し上げました。


c0349386_23595559.jpeg














その後、その足で特急にのりこみ、鳥取県に直行。

c0349386_00022463.jpg










(「スーパーいなば」に初乗車!)

実は候補者発表後、初の鳥取入りとなりました。
鳥取県は私の祖父母をはじめ、親族があちこちに住んでいる、「第二のふるさと」でもあります。
みなさんが話される鳥取弁が妙になつかしく、それだけでとても癒されました。

事務所のみなさんをはじめ、関係団体などを訪問し、あいさつをさせていただきました。
夕方には、鳥取駅前で街頭演説。

c0349386_00040170.jpg

















夜は北栄町で会議をし、米子市のホテルにさっき到着しました。

鳥取県は先週日曜日に県都・鳥取市議選があったばかり。
日本共産党は3人の候補者を立て、得票率増で全員当選をはたすという重要な結果を得ることができ、みなさんたいへん元気で、「次は総選挙! この流れで必ず議席を勝ち取ろう」と大きく激励をしていただきました。

これでやっと中国5県をともかく一巡することができました。
明日は米子で街頭演説をおこなったのち、広島に戻ります。
明日もますますがんばります!

それにしても山陰は寒く、広いことをあらためて思い知らされました…。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-11-19 00:07 | とりくみ
16日(日)、広島市南区でおこなわれた演説会。
私のうったえを録画していただきましたので、ご紹介します。



[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-11-17 21:05 | 動画

いま、沖縄県知事選挙の勝利に酔いしれながら、パソコンにむかっています。

今日は、広島市南区で日本共産党演説会がありました。
仁比そうへい参院議員がかけつけ、いっせい地方選挙の予定候補者とともに、私もうったえました。
c0349386_21435663.jpg















「子どもたち、若者たちを、米軍と一緒に『殺し、殺される』戦闘地域に送り出すことは、何があっても絶対に許すわけにはいきません。私は体をはって、安倍政権の『戦争する国づくり』をくいとめます」。

終わったあとの会場出口で、来て下さった皆さんと握手しながら、「緊張してたね」「若いあんたに期待しとるよ」などの叱咤激励も受けました。

c0349386_21433629.jpg















沖縄の勝利を、今度は全国の衆議院選挙で!

ますます気合を入れてがんばります!

c0349386_21441141.jpg


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-11-16 21:45 | とりくみ

昨日は山口県におじゃましました。

まずは全県の幹部のみなさんが集まる会議でのあいさつ。
新幹線のトラブルがあったようで、予定時刻ギリギリの到着となりました。
(早めに出ておいてよかった…)

汗をかきかき、会場に到着し、息を整える間もなく、そのまま決意表明をさせていただきました。
「安倍政権の暴走をストップする絶好のチャンス! ただちにうってでよう!」と決意しあい、すぐにそれぞれ地元に散っていきました。
会議後に、何人かの方と記念撮影も。
c0349386_06031624.jpg















その後は、山口市の中心街へ移動して、来春の県議選予定候補者のみなさんと並んで、街頭宣伝をおこないました。

安倍首相の地元山口で、それと正面対決する日本共産党の議席の値打ち、政策を心をこめてうったえました。
支援者のあたたかい激励とともに、地元のマスコミの記者の方が取材にも来られており(2社)、注目の高まりも感じました。


c0349386_06032723.jpg








(写真をお願いし忘れたので、藤本かずのり県議のブログから転載させていただきました)



本日16日は、広島市で日本共産党演説会がおこなわれます。
私もうったえます。ぜひ足をお運びください。

「安倍政権打倒!増税ストップ・くらしと命を守れ 日本共産党演説会」
☆日時 11月16日(日)午後2時~
☆場所 広島市南区民文化センター
☆弁士 仁比そうへい参議院議員など


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-11-16 06:05 | とりくみ

今日は久しぶりに地元広島での活動でした。

午前中は宣伝物作成のための写真どり。
場所は、もちろん平和記念公園、原爆ドーム前です。

c0349386_21123827.jpg













(緊張しているのか、顔も動きもカタいですね…)

「ヒロシマの心を今こそ国会へ!」の思いで撮っていただきました。
仕上がりが楽しみです。

昼休みには、たくさんの人でにぎわう本通り電停前で街頭宣伝をおこないました。
支援者の方がたくさん集まってくださり、通行人のみなさんも手をふってくださる方が何人もおられました。

c0349386_21125034.jpg













20代の2児のお母さんからは「日本が戦争をする国に向かっていくのは絶対にとめたい」と、80代の年配の方からは「戦闘機を買うのを1機やめるだけで私らのささやかな生活が奪われなくてすむでしょ」と、安倍政権の暴走への怒りが次つぎと寄せられました。

握手する手も自然と力が入ります。

また一つ、「なんとしても!」の思いが高まりました。


明日は終日、山口です。
山口のみなさん、よろしくお願いいたします。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-11-14 21:18 | とりくみ
12日、岡山のみなさんとともに、政府交渉をおこなうため国会へ。

農水省、文科省、厚労省などにこれまで寄せられた声をもとに要望にまとめ、ぶつけました。

文科省への要請には、仁比そうへい参院議員も参加して、少人数学級の拡充、高校授業料無料化の所得制限の撤廃などをもとめました。

私は、「この間財務省が35人学級をやめて元に戻すということを言いだしたことに、保護者や先生たちから大きな怒りの声がわきあがっています。ある先生は『貧困が広がる中で、学力の面だけでなく生活支援の面でもよりていねいに対応しないといけない子が増えている。そんなときに教員をへらすとはなにごとだ』と話していましたし、あるお母さんは『いじめ解決になっていないという理由だと聞いたが、だったらなおさら先生を増やさないといけないのに真反対のことをやっている』とおっしゃっていました。私事ですが、私には、小学5年生の息子がいるのですが、よく家で『先生はいつも忙しそうだ、なかなか相談できない』と、子どもたちにも先生方の姿がそううつっているような現状です」。
「そうした多くの声におされて、国がまったく頼りないから、自治体独自に予算もつけて、少人数学級の拡充にふみだしています。広島市では少し前から一歩ずつ広げていき、いまでは中学1年まで35人学級が実現していますし、島根県では今年度から3カ年計画で中学3年までこれを広げようととりくんでいます。こうした努力がおこなわれているときに、国が35人学級をやめるなんてありえない。ぜひとも拡充をもとめてほしい」と述べました。

文科省の担当者も「財務省の提案はまったく逆行しており、議論の余地のない論外だ。ただ元に戻すのをやめさせるというだけでなく、拡充を求めていきたい」とこたえました。

声をあげてこそ、政治も社会もかえられる!の精神で、大きなたたかいを引き続き広げていきたいです。

c0349386_01254641.jpg
[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-11-13 01:26 | とりくみ
みなさん、こんにちは。
大平よしのぶです。

これを書いているのは、2014年11月12日です。
国民の大きな怒りとたたかいに追いつめられ、安倍自民党政権はいよいよ解散に追い込まれようとしています。
実は私は、今月2日に発表をされたのですが、今度の衆議院選挙の比例代表中国ブロックから立候補することになりました。
議席奪還をめざして、いま中国5県を駆け巡っているところです。
この間、私たちがかかげてきた「安倍政権打倒」を本気で実現させていくたたかいがいよいよはじまるなと、とてもワクワクしています。
新人無名の私ですが、幅広い皆さんと力をあわせて一回で、国会にかけあがっていく決意で全力でがんばります。

今年の8月6日、安倍首相は、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」撤回を求めた広島の被爆者に対し、にらむような視線を向けて「抑止力」の名で冷たく切り捨てました。
「極東最大級の出撃基地」になろうとしている米軍岩国基地、無法な低空飛行訓練に、多くの住民がすさまじい騒音被害を受け、墜落事故の不安におびえています。
世界一高い日本の学費と給付型奨学金制度もないために、「毎月12万円の奨学金を借り、卒業後は利子もついて750万円を返さないといけない」など、夢をあきらめざるを得ないたくさんの学生たちの悔し涙を見てきました。

こうした被爆者や若者たちを切り捨て、もっぱら軍事に頼る安倍自民党政権がすすめる政治に決して未来はありません。

私はこれまでたくさんの若者、たくさんの被爆者、たくさんの方のお話、怒りや願いを聞いてきました。
聞いてきたすべての声を大きな励みと力にし、それを背負って、解散・総選挙を正面からたたかいぬきます。
みんなの力で、必ずこの定数11の中国ブロックで日本共産党の議席を奪還しようではありませんか。
私はそのために全力をあげてがんばります。

みなさん、どうかよろしくお願いいたします。

(写真は2日、候補者発表のあった赤旗まつり会場にて)

c0349386_19484010.jpeg


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-11-12 19:49 | あいさつ

日本共産党の衆議院議員(2014年総選挙にて初当選【比例中国】)、大平よしのぶです。広島生まれの広島育ち、平和と子どもをこよなく愛する、子育て真っ最中の36歳。よろしくお願いします。


by tekuteku_a_diary