アツくやさしく 大平よしのぶ

yoshinobuu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

選挙戦3日目。
今日は山下よしき書記局長とともに、山陽3県で街頭演説会をおこないました。

岡山県倉敷市では雨の降るなか300人の方が、広島県福山市では200人、山口県宇部市では200人と、今日一日で合計700人の方が私たちのうったえを聞いてくださいました。
聞くところによれば、山陰でも穀田衆院議員の演説会が3ヶ所であり、350人が参加したとのこと。
つまり、今日一日、中国ブロック全体で1000人を超える方に日本共産党のうったえを聞いていただいたことになります!

c0349386_22150416.jpg















(倉敷市演説会のようす)

c0349386_22092956.jpg












(福山駅前でもたくさんの方に握手をしていただきました)

山下書記局長からの「若者のみなさん、海外で血を流すことに賛成ですか?女性のみなさん、恋人や夫、息子が戦場に送られることに賛成ですか?」とのうったえに、各地で高校生や若者たちが立ちどまって聞くなど、大きな注目や反応がありました。
c0349386_22100173.jpg












(夜は山口県防府市で屋内演説会がありました)

いよいよ最初の勝負の週末。
うったえにうったえぬいて、この週末で一気に議席奪還の見えるところまで、支持を広げきるために、全力でがんばります!



また昨日は、岡山協立病院の高橋淳院長とお忙しい中、時間をとっていただき、懇談をさせていただきました。
c0349386_22094585.jpg












広島土砂災害への支援ボランティアのお礼を述べ、選挙必勝を約束。「がんばってください」と励まされました。
写真の後ろの書は、韓国の医療生協から岡山医療生協60周年記念で送られたものとのこと。
立派な書でした。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-12-04 22:19 | とりくみ

選挙戦2日目は岡山県岡山市での行動でした。

「年金の通知が届くたびに減っているのを見てイヤになる。その上増税なんて許せない。今日の話を聞いて共産党に入れる」と話すおばあさん。

c0349386_23293344.jpg















車から手をふってくれた若者たちにマニフェストパンフを渡すと、そのままハンドルの前のよく見えるところに置いたまま走っていったり。

支援者のみなさんも燃えており、どこへいってもたくさんの方が待ち構えていてくれ、大きな声援を送ってくださいました。
c0349386_23304973.jpg














(お孫さんといっしょに書いたとのボードを持参してアピール!)


今日うったえたのは、国民の暮らし応援の財政政策の一環として、「多くの大学生が世界一高い学費を前に将来の夢をあきらめさせられている。給付制奨学金の導入予算は146億円。政党助成金は320億円。お金の感覚をマヒさせる政党助成金はやめさせて、将来ある大学生たちの応援に私たちの税金は使いましょう」ということ。
c0349386_23332714.jpg












(医療関係者のみなさんの決起集会であいさつをしました)


本当に政党助成金は許せません。
自民党は党財政収入の6割を、維新の会は7割、民主党は8割をこの政党助成金にまかなってもらっています。
「身を切る改革」というなら、民意を切る定数削減ではなく、この政党助成金をただちに撤廃すべきです。
どこでもこの問題は大きな反響があります。
ぜひ、広げに広げぬきたいと思います。


明日は山下書記局長と岡山県倉敷市、広島県福山市、山口県宇部市をいっしょに訴えて回ります。


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-12-03 23:37 | とりくみ

歴史的決戦のスタート

総選挙公示日。
歴史的決戦のスタートです。
とても充実し、あっという間にすぎていった一日目でした。


第一声は、大西理広島1区候補、仁比そうへい参院議員とともに、「若者を戦場に送らない平和を愛するヒロシマの心」を国会に届ける決意を込めて、原爆ドーム前にておこないました。

c0349386_23464449.jpg

(ドームと支援者のみなさんを背に3人で)

さっそく動画もアップされてますので、ぜひご覧ください。

その後、慰霊碑に献花をしたのち、午前中は中区4ヶ所で街頭演説。
たかのばし商店街では、たちどまって聞いてくださったおばあさんが、「もう増税はやめてほしい。どうか助けてください」と話してくださり、「なんとしてもくいとめましょうね」とこたえました。

c0349386_23471125.jpg


午後からは、8月に土砂災害のあった安佐南区へ。
「被災者のお宅一軒一軒を訪問してお聞かせいただいた要望を国会に届け、一日も早く元の生活に戻れるよう、全力でがんばります」とうったえました。

c0349386_23492823.jpg
(JR緑井駅前にて。後ろに見えるのは権現山)

夕方からは私がこれまでで一番長くすごした地元の西区へ行き3ヶ所で演説。
南観音という小・中・高をすごした地元中の地元では、母親を含め、昔からお世話になった方など20~30人の方々が聞きに来てくださり、大きな声援と拍手をしていただきました。
たいへん励まされました。
「地元のみなさんの力でなんとしても私をおしあげてください」とうったえました。

夜8時前に車を降り、さきほど岡山のホテルに着きました。
明日は一日、岡山市内をかけまわります。


あと、広島の青年たちの私をおしあげるさまざまなネット戦略もスタート。
ホームページやフェイスブックやネット番組など、旺盛に展開中です。
http://oohiraooen.wix.com/oohirayoshiyoshi

クオリティの高さにビックリ!
これまたとても励まされました。
なんとしてもがんばらねば。
ぜひ拡散していただければと思います。

明日もがんばります!


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-12-03 00:02 | とりくみ

いよいよ本番

いよいよ明日から衆議院選挙本番がはじまります。

候補者発表からちょうど1カ月。

みなさんに支えられながら、全力疾走で中国地方5県をかけめぐってきました。

行く先々、どこへいっても安倍自民党政治への強い怒りや不安の声、そして、日本共産党と大平よしのぶへの大きな期待の声が寄せられます。
そして、一人ひとりの方と握手をさせていただくたびに、「なんとしても国会にかけあがり、この声をまっすぐ届けねば!」の思いをつよめ、その緊張感と決意を高めてきた1カ月でした。

また、これまでいっしょにがんばってきた同世代の仲間、青年たちからの激励や「ともにがんばる決意」もたくさん寄せていただき、うれしく、心強いかぎりです。
青年の有志のみなさんが、私をおしあげるホームページやSNS、動画番組などを準備してくれているようで、これも大変楽しみ。

それから、自分自身のつながり――中学・高校の同級生、息子の小学校でPTA役員を一緒にやっているお母さんたち、町内会長や大家さんなどご近所のみなさん、など――の方々からも、初めてお知らせした方も含めて、大きな励ましの声をかけていただきました。

「私も実は支持政党は違うのですが、それでも、子どもや平和を守りたいという気持ちは一緒です。今回子供が生まれた時は、本気で戦争に取られるんじゃないかって心配になったよ。なので、一友人として、影ながら応援しています^o^/  これから、寒くなりますが、身体に気を付けてね。また落ち着いたらみんなで集まりたいですね」(高校の同級生)
「高い志を持って立候補するんだろうし、とにかく世の為人の為に頑張って欲しいよ(^^) 今日の選挙でよくみる他の政党批判合戦なんか見たくもない!俺が偉そうな事言えた柄じゃないけども信念を曲げずに、でも頭でっかちにはならずに政策を熱く訴えてください! 陰ながら応援しとるよ! またいつの日にか語らえる日を楽しみにしとるよ! それまで俺も知識深めとくw」(中学の同級生)
「選挙でられるんですね!全力で応援しますよ*\(^o^)/*危機感を感じているママ友も多いです。私も微力ですができる事をやっていきます。よろしくお願いします(^^)」(同じ小学校のお母さん)

本当に勇気100倍です!

昨日、10年来のお付き合いでもある美容院に行きました。
店長さんに第一声、「なんだか楽しそうだね、情熱に満ちてるように見えるよ」と言っていただき、「自分じゃないのに、投票日がめっちゃドキドキするわ」「絶対にがんばってよ!」と大きな激励もいただきました。

おかげさまで、体調もすこぶる元気です。
この歴史的決戦、全力でがんばります。
どうぞよろしくお願いいたします。

最後に、僕の顔イラスト(たいへん好評をいただいております)を描いてくれた東京の友人への感謝をこめて、ニューバージョン(ほっこり系・怒り系)をご紹介。

c0349386_21020834.jpg
c0349386_21021926.jpg


[PR]
by tekuteku_a_diary | 2014-12-01 21:03 | あいさつ

日本共産党の衆議院議員(2014年総選挙にて初当選【比例中国】)、大平よしのぶです。広島生まれの広島育ち、平和と子どもをこよなく愛する、子育て真っ最中の36歳。よろしくお願いします。


by tekuteku_a_diary